Home > カメラ

カメラ Archive

被写界深度

デジタル一眼をもって写真を撮るようになったので、カメラの話をしようw

被写界深度についてあまりよくわからなかったので、ちょっと調べてみた。
わからなかったのは、絞りと被写界深度の関係性。

一般的に絞りを絞れば(F値を大きくすれば)被写界深度は深くなり、
絞りを開放すれば(F値を小さくすれば)被写界深度は浅くなるという。

絞りを絞る(F値を大きくする)    ⇔ 被写界深度は深くなる(ピントが合う範囲が広くなる)
絞りを開放する(F値を小さくする) ⇔ 被写界深度は浅くなる(ピントが合う範囲が狭くなる)

んで、なぜ絞りを絞ると被写界深度は深くなるんだろう?

これは人間の目の仕組みとレンズの性質を考えればわかる。
あ、
今更ですが、自分なりの解釈なのでもし間違っていたらコメントいただけるとありがたいです。

ピントというのは対象物ただ一点のみにあっているように思えるが、
人間の目というのは便利なものでその前後もある程度ピントがあっているように見える。
カメラの世界でいうとこれを錯乱円という。(なぜ円なのかは他のサイトで調べてくださいmm)

ある程度ピントが合っているように見える範囲は、錯乱円の大きさによって決められ、
たとえば錯乱円が5(全くてきとーな数字です)の範囲まではピントがあっているように
見える人がいた場合を考える。

ここでレンズの話に切り替わるんですが(うーーん。。図に書いて説明したいw)、
レンズは光が入る範囲が狭ければ狭いほど錯乱円がちっさくなるようになっている。
このため、同じ大きさの錯乱円はレンズに入る光の範囲が狭ければ狭いほど
ピントから遠くに位置されるようになる。
ピントから遠くに位置されるようになるというのは被写界深度が深くなるということ。

言葉の説明だけだと全くわからないねw

ここの”絞り値と焦点深度の関係”というところの図を見ると少しはわかりやすくなるかな。

ホーム > カメラ

Search
Feeds
Meta

Return to page top