Home > 位置情報

位置情報 Archive

位置情報 ドコモ編

ドコモの位置情報に関して調べてまとめよう。

ここを見て、参考のページを作ってみた。

ドコモでアクセスすると位置情報が返ってくるよ
今(2010/03/02)は情報を吐き出してるだけなので、もちっときれいな形に整理したり、Google mapに乗せたりしよう。

位置情報 追加編

WGSとかの座標系を調べてたら知ってる人のブログがでてきたので紹介w

“wgs degree tokyo”とググるとでてきます。
『dms => degree変換』 『WGS84 < =>tokyo 変換』をperlで行う。CommentsAdd Star

さて、内容はかぶってしまいますが追記です。
どうやら、地図情報でも緯度経度の表記方法と測地系という2種類があるみたいです。

■緯度経度の表記方法
dms表記:緯度経度を60進法であらわすこと。
degree表記:緯度経度を10進法であらわすこと。

つまり前回やった60進法から10進法への変換はdmsからdegreeへの変換をしていたということ。

■測地系
WGS84:現在、世界標準として使われている測地系
tokyo:2002年以前まで日本で使われていた測地系

tokyoに関しては日本が独自に番地付けをしていたもので、
2002年にこの独自法をやめて世界標準に変更したってことか。

たとえば、富士山の山頂の緯度経度はtokyoで表すと北緯35度21分27秒、東経138度43分50秒でした。
 これを今度の新しい番地の付け方であるWGS84で測定すると北緯35度21分39秒、東経138度43分39秒になります。

ここよむ。
ここを読もう。

位置情報の基礎

一回なので自分の勉強がてら基礎の基礎から行こうと思います。

・緯度、経度に関して
緯度とは・・・北緯、南緯という表現を使い、地図でいうところの上下の位置を表す。赤道を0度として北極・南極を90度であらわす。
経度とは・・・西経、東経という表現を使い、地図でいうところの左右の位置を表す。ロンドンのグリニッジ天文台を0度とし日付変更線までを180度であらわす。

東京は北緯35度40分東経139度40分あたりにある。

・単位に関して
緯度、経度は○○度××分△△秒●●であらわす。
都庁だと35度41分22.222秒, 経度 139度41分30.124秒となり、
Google mapとかで表現すると35.689506, 139.691701になる。

・都庁
35度41分22.222秒 ⇔ 35.689506
139度41分30.124秒 ⇔ 139.691701

・60進法から10進法への変換
時間は60進法で表されているため、これを10進法に変換する必要がある。
度はそのままで、分は60で割って、秒は3600で割って全部を足し合わせればでる。

なんで60で割っていくのかと思ったけど、1時間の単位は10進法と考えてそれより小さい単位の『分』だから少数点以下と考えると60で割っていくことが理解できる。

つまり
35+41÷60+22.222÷3600=35.689506

こういう感じか。

相互変換するスクリプトを書こう。
Location::GeoToolというモジュールがあるのでこれを使って後々書くー。


・WGS座標系とかに関して
座標系のひとつでWGS84といい、GPSの情報を記録するときに用いられる。
WGS84 = World Geodetic System 1984のことで、世界測地系というらしい。
日本では2002年4月に改正された測量法が施行されてWGS84による緯度経度が使用されるようになった。

ほかの座標系に関してはまた見てみます。

基礎の基礎はこんな感じかな。
次回は携帯のGPSに関して書こうかな。

ホーム > 位置情報

Search
Feeds
Meta

Return to page top