Home > ヒトリゴト

ヒトリゴト Archive

モジュールバージョン確認

今更ながら、perlモジュールのバージョン確認方法。

$ perl -M[モジュール名] -e “print $モジュール名::VERSION”

   $ perl -MFile::Spec -e "print $File::Spec::VERSION"
   1.08

pack, unpack

perlでpack, unpackという組み込み演算子がある。

使い方
# pack “フォーマット文字列”, “対象文字”;
# unpack “フォーマット文字列”, “対象文字”;


pack(“C*”, 80, 101, 114, 108); #”Perl”と出力される。
unpack(“C*”, “Perl”); #数字が表示される。

今日のヒトリゴトⅡ

■perl

・joinのセパレータ

$” = “hoge”;

@hoge = qw/ a b c d e /;

$temp = join( $”, @hoge);

print “$temp\n”;     # ahogebhogechogedhogee

・ヒアドキュメント

1. 基礎的な使い方

print <<”EOF”;    # <<と”"の間にはスペースは空けない!!

Hello World!

EOF

2.コマンド実行

print <<`EOC`;

echo test               # test

echo helo helo     # helo helo

EOC

3.連続表示

print <<”EOF” x 3

Hello!                       # Hello!\nHello!\nHello!

EOF

4.積み重ね

print <<”EOF”, <<”TEST”;

Hello

EOF

World!

TEST

ヒアドキュメントって意外に応用がきくらしい

今日のヒトリゴト

■perl

・tr演算子

$name = kichon;

print “$name\n”;       # kichon

$name =~ tr/a-z/A-Z/;

print “$name\n”;       # KICHON

・置換

$name = kichon;

print “$name\n”;       # kichon

$name =~ s/ki/KI/;

print “$name\n”;       # KIchon

・クォート

クォート文字は以下のようにも書ける。

シングルクォート(‘ ‘)  ->  q/ /

ダブルクォート(” “) -> qq/ /

コマンド実行(` `) -> qx/ /

あとはオライリー参照。

今日のヒトリゴト

■シェルについて

・if文で何かを含んでいるものを検索したいときは以下のようにする

if [[ $STATE = "OK" ]]; then

return 0

else

return 1

fi

・関数作成
hello.shという名前で以下の関数を定義。
hello() {
echo $1
}

# source hello.sh
# hello “Hello Worl”
hello World

ホーム > ヒトリゴト

Search
Feeds
Meta

Return to page top