Home > Archives > 2010-02

2010-02

位置情報の基礎

一回なので自分の勉強がてら基礎の基礎から行こうと思います。

・緯度、経度に関して
緯度とは・・・北緯、南緯という表現を使い、地図でいうところの上下の位置を表す。赤道を0度として北極・南極を90度であらわす。
経度とは・・・西経、東経という表現を使い、地図でいうところの左右の位置を表す。ロンドンのグリニッジ天文台を0度とし日付変更線までを180度であらわす。

東京は北緯35度40分東経139度40分あたりにある。

・単位に関して
緯度、経度は○○度××分△△秒●●であらわす。
都庁だと35度41分22.222秒, 経度 139度41分30.124秒となり、
Google mapとかで表現すると35.689506, 139.691701になる。

・都庁
35度41分22.222秒 ⇔ 35.689506
139度41分30.124秒 ⇔ 139.691701

・60進法から10進法への変換
時間は60進法で表されているため、これを10進法に変換する必要がある。
度はそのままで、分は60で割って、秒は3600で割って全部を足し合わせればでる。

なんで60で割っていくのかと思ったけど、1時間の単位は10進法と考えてそれより小さい単位の『分』だから少数点以下と考えると60で割っていくことが理解できる。

つまり
35+41÷60+22.222÷3600=35.689506

こういう感じか。

相互変換するスクリプトを書こう。
Location::GeoToolというモジュールがあるのでこれを使って後々書くー。


・WGS座標系とかに関して
座標系のひとつでWGS84といい、GPSの情報を記録するときに用いられる。
WGS84 = World Geodetic System 1984のことで、世界測地系というらしい。
日本では2002年4月に改正された測量法が施行されてWGS84による緯度経度が使用されるようになった。

ほかの座標系に関してはまた見てみます。

基礎の基礎はこんな感じかな。
次回は携帯のGPSに関して書こうかな。

モジュールバージョン確認

今更ながら、perlモジュールのバージョン確認方法。

$ perl -M[モジュール名] -e “print $モジュール名::VERSION”

   $ perl -MFile::Spec -e "print $File::Spec::VERSION"
   1.08

PerlでURLエンコード

食ベログのAPIを使う際に文字列をURIエンコードする必要があったので、そのメモ。

メモ:PerlでURLエンコード・デコードはURI::Escapeを使うを参考にしてURLエンコードをやってみました。

食ベログのAPIを使う際にリクエストの中に駅名を入れたい場合、その駅名をURLエンコードしてやる必要がある。

駅名:新宿 ⇒ URLエンコード:%E6%96%B0%E5%AE%BF

こんな感じです。
以上をPerlで行いたい場合、URL::Escapeというモジュールを使って実現する。

サンプル

結果
escaped: %E6%96%B0%E5%AE%BF
unescaped: 新宿


うまくいけました。
ではでは。

インスタレーション

インスタレーションという表現方法があるらしい。

ある特定の場所(室内、室外問わず)にオブジェや装置を置いて、

そこの場所・空間全体を作品として表現するというものらしい。

オーディエンスは作品を見るというより体験できるという点が

他の映像や写真とは違う点なのかな。

あと特徴としては、インスタレーションというのは一般的に

ある特定の期間しか存在できないものを指す。

写真とか映像とかをウェブにあげることはできるけど

インスタレーションをウェブと絡めることはできるかな?

まだインスタレーションというものの捕らえ方があいまいだから

もちっと調べてみますかね。

・参考
Wikipedia
画像

節分

どこもかしこも恵方巻き、恵方巻きなのでちょっくら調べてみた。

完全に業界の戦略にはまってる自分w
そして大体がうぃきぺでぃあからの情報です。。

*恵方巻き
節分に食べると縁起がよいとされている巻き寿司。
商売繁盛や無病息災を願って七福神に因みかんぴょう、きゅうり、しいたけ、だし巻き、うなぎ、でんぶなど7種類を使って作る。
食べ方に関して後述。

数個の由来があるらしく紹介する。
1.江戸時代末期から明治時代初期にかけて大阪の商人が商売繁盛を願ってやり始めた説
2.豊臣秀吉の家臣が節分の前日に巻き寿司のようなものを食べて戦いに勝ったことから始まった説

このほかにも和歌山県、滋賀県で始まったという説もありどれも定かではないとのこと。
(調べたけどこの2つの件の由来は載ってなかったのでわかる人教えてください><。)

さて、食べ方ですが、
その年の恵方を向いて目を閉じて一言も喋らず食べるという決まりがあるらしく、
今年2010年は西微南とのことです。




これだけだと面白くないので恵方巻きを使ったWebサービスがないか調べてみました。
ひとつ見つけたのがこれ。

今いる場所からどちらに向いて恵方巻きを食べるかわかるサービス
ただ、地図検索がうまくいっていないらしく自分のうちを調べたら大阪まで飛んでいったw

もひとつ
twinaviで恵方巻きを検索

見てたら自分で作ってる人や、コンビニで買って食べる人、絶対に食べないといってる人がいて、
驚いたのがサブウェイで『恵方サブウェイ』なるものがでてたらしい!!!
こういう情報ってやっぱり事前に調べるもんだな。

自分でも頭の体操に節分、豆まき、恵方巻きに関連したサービスを考えてみよっとw

関係ないけど、前に雑誌で見た人が言ってたのを思い出したわ。

『the best way to predict the future is to invent it.』
(未来を予測する一番の方法は、自らその未来を作り出すことだ。)
– Alan Curtis Kay


多くの人に笑われても未来を作り出せる人間になりたい。

よし、気合入ったから未来を実現させるためにやることをやろっと!!

あ、他にも面白いサービスを見つけた方、ぜひ教えてください。
お代は来年の恵方巻きでお支払いいたしますm(_ _)m

Home > Archives > 2010-02

Search
Feeds
Meta

Return to page top