Home > Archives > 2010-10

2010-10

CakePHPのお勉強(#009)

またまた久しぶりです。
だいぶ苦労しましたが、マイページ画面を作りました><。。

自分がヘタレすぎて泣きそうだ。。
とか、ヘコんでる暇があったらもっとやろう!!

mypage

次はこれをcakephpに入れこんで、同時にマイフレンドページとかも作っていこうと思います。

CakePHPのお勉強(#008)

久しぶりの更新。

またhtmlに挑んでいます。

ログイン後の会員のページを作ってます!

でわでわ。

CakePHPのお勉強(#007)

とりあえずログインフォームはできた!!

時間かかり過ぎだけど、それは徐々に短縮していくしかない><。。

あといくつかページ作るのとそろそろ仕様をきちんと固めないと...か。

スクリーンショット(2010-10-10 21.42.56)

CakePHPのお勉強(#006)

さて、前回でやっとのことデータベースのコンフィグファイルを作成したので次はいよいよモデルを作って、コントローラを作って、ビューを作ってデータにアクセスするところまで一気にやってしまいます。

モデルの作成

まず、モデルを作成します


$ vim models/tweet.php
<?php

class Tweet extends AppModel {

  public $name = 'Tweet';

}

注意点としては

  • テーブルは複数形で作ったが、モデルは単数形で作成(複数形で作ってもいけるっぽいが。)
  • AppModelを継承する
  • $nameにクラス名を入れてやる



  • ということかな。

    コントローラ/ビューの作成

    次にコントローラを作成する


    $ vim controllers/tweets_controller.php
    <?php

    class TweetsController extends AppController {

      public $name = 'Tweets';
      public $autoLayout = false;

      function index() {

        $data = $this->Tweet->find('all');
        $this->set('data', $data);

      }

    }

    説明はなしで一気にビューも作成


    <h1>INDEX</h1>

    <?php print_r($data); ?>

    んで、

    http://localhost/twit/tweets/

    にアクセスする(ローカル環境のため普通にアクセスしても意味ない)と

    rsz_cakephp1

    では、次はデザインを考えてログイン画面を作ってとかしていきます。

    CakePHPのお勉強(#005)

    さて、全然進んでないのにもう5回目というorz

    期待も不安もいっぱいですね。

    とりあえず前回はデータベースを作成したのでbakeというのを使ってdatabase.phpを作成してみます。
    bakeを使うと簡単にコンフィグファイルを作成できます。

    $ cd cake/console/
    $ ./cake bake

    Welcome to CakePHP v1.3.3 Console
    ---------------------------------------------------------------
    App : app
    Path: /Library/WebServer/Documents/twit/app
    ---------------------------------------------------------------
    Your database configuration was not found. Take a moment to create one.
    ---------------------------------------------------------------
    Database Configuration:
    ---------------------------------------------------------------
    Name:  
    [default] >
    Driver: (db2/firebird/mssql/mysql/mysqli/odbc/oracle/postgres/sqlite/sybase)
    [mysql] >
    Persistent Connection? (y/n)
    [n] >
    Database Host:  
    [localhost] >
    Port?  
    [n] >
    User:  
    [root] >
    Password:  
    >
    The password you supplied was empty. Use an empty password? (y/n)
    [n] > y
    Database Name:  
    [cake] > twit
    Table Prefix?  
    [n] >
    Table encoding?  
    [n] > utf8

    ---------------------------------------------------------------
    The following database configuration will be created:
    ---------------------------------------------------------------
    Name:         default
    Driver:       mysql
    Persistent:   false
    Host:         localhost
    User:         root
    Pass:        
    Database:     twit
    Encoding:     utf8
    ---------------------------------------------------------------
    Look okay? (y/n)
    [y] > y
    Do you wish to add another database configuration?  
    [n] > n

    Creating file /Library/WebServer/Documents/twit/app/config/database.php
    Wrote `/Library/WebServer/Documents/twit/app/config/database.php`

    自分で記入したのはデータベースの名前(twit)と文字コード(utf8)くらいで
    他の質問にはすべてエンターを押しました。

    ここで一番最後に出てきたdatabase.phpというファイルにアクセスすると

    $ vim config/database.php
    <?php
    class DATABASE_CONFIG {

      var $default = array(
        'driver' => 'mysql',
        'persistent' => false,
        'host' => 'localhost',
        'login' => 'root',
        'password' => '',
        'database' => 'twit',
        'encoding' => 'utf8'
      );
    }
    ?>

    となり、これがデータベースへの接続する為のコンフィグファイルになる。

    では次はデータベースへ接続してみます!

    Home > Archives > 2010-10

    Search
    Feeds
    Meta

    Return to page top