トップ 差分 一覧 Farm ソース 検索 ヘルプ RSS ログイン

気になったこと

気になったことリスト

生活していて気になったことのリストをあげていきます。
役に立つか立たないかはわかりません。

 Questions

Q1.タイヤにはなぜ溝があるのか?(2011/06/26)

Q2.エレベーターの仕組みはどうなっているのか?(2011/06/26)

Q3.時計の仕組みはどうなっているのか?(2011/06/26)

Q4.世の中で動いているものはどうやって動いているのか?(2011/06/28)

=>車、飛行機、電車など

Q5.光、音などはどのようなものなのか?(2011/06/28)

Q6.「あかさたな・・・」の逆はなにか?(2011/07/02)

 Answers

Q1.タイヤにはなぜ溝があるのか?(2011/06/26)

Ans.
タイヤの溝のことをトレッドパターンというらしく、主な役目は
1.駆動力と制動力の増加
2.雨天時のタイヤと路面の間の水を排除
3.操縦安定性や放熱性の向上
4.デザイン面の美しさ
などタイヤの性能やファッション効果の為にあるとのこと。

溝が無いタイヤのことをスリックタイヤというらしく、日本の公道では使用禁止になっている。
F1とかで使われているらしい。

溝が無い方がスピードがでるかというとそういうわけでもなく、
ドリフトとかするときによく滑るのでいいのかな?
F1でも雨の日に使うレインタイヤには溝が入っている。

グッドイヤー、ブリジストンなどがタイヤを研究、開発している。

参考<http://toyotires.jp/faq/tire/s_tire_02.html>

Q2.エレベーターの仕組みはどうなっているのか?(2011/07/12)

Ans.
いつも思っていたが調べられなかったのでこの機会に調べました。
エレベーターの種類は「巻胴式(ドラム式)」と「つるべ式(トラクション式)」に分けることができ、
現在の主流はつるべ式な為、つるべ式を説明する。

ポイントは以下の3点
1.かご
2.おもり
3.モーター

あと以下の物理法則?もポイントになる
「物体は釣り合っている状態だと小さな力で上下に動かすことができる」
(正確ではないのでこのままは覚えない方がよい)

かごとおもりをつるしある程度のバランスがとれている状態だと、
上に設置してあるモーターは少ない力でかごを上下に移動させることができる。
ざっくりいうとこれが仕組みになる。

このことはアルキメデスがかなり前に発見していたらしい。

Q6.「あかさたな・・・」の逆はなにか?(2011/07/02)

Ans.
とくだねでやっていたため、覚えようと思って書いてみる。

正式なバージョン

 あかさたな はまやらわ
 いきしちに ひみいりゐ
 うくすつぬ ふむゆるう
 えけせてね へめえれゑ
 おこそとの ほもよろを

逆バージョン

 わらやまは なたさかあ
 ゐりいみひ にちしきい
 うるゆむふ ぬつすくう
 ゑれえめへ ねてせけえ
 をろよもほ のとそこお