トップ 差分 一覧 Farm ソース 検索 ヘルプ RSS ログイン

Ganglia

Ganglia

[OSS]
最終更新時間:2009年02月09日 22時56分38秒

Gangliaとは

大量のサーバからCPU,メモリ等の情報を取ってくるオープンソース管理ソフトウェア

取得可能情報

   * CPU周波数、CPU個数、CPU負荷状況
   * メモリ容量、メモリ使用量
   * カーネルバージョン
   * OSの稼動時間
   * スワップ容量
   * ネットワークトラフィック

デーモン

 管理サーバ  :gmetad
 管理対象サーバ:gmond

管理サーバ構成

 CPU         :Intel(R) Pentium(R) 4 CPU 3.00GHz
 OS          :CentOS release 4.6
 memory      :128MB
 HDD         :15.0GB
 カーネルVer :2.6.9-67.0.22.ELsmp

管理対象サーバ構成

 CPU         :Intel(R) Pentium(R) 4 CPU 3.00GHz
 OS          :CentOS release 5.2
 memory      :128MB
 HDD         :10.0GB
 カーネルVer :2.6.18-92.1.10.el5

Gangliaインストール手順

 管理サーバ

インストール項目
 ・ganglia-3.0.3-1.src.rpm
 ・ganglia-web-3.0.3-1.noarch.rpm
 ・rrdtool-1.2.15-1.el4.rf.i386.rpm
 ・rrdtool-devel-1.2.15-1.el4.rf.i386.rpm
 ・perl-rrdtool-1.2.15-1.el4.rf.i386.rpm
データの視覚化

サーバから取得するxmlファイルをグラフ描写をするために管理サーバにphpとrrdtoolをインストールする。

 # yum install php
 # rpm -ihv rrdtool-1.2.15-1.el4.rf.i386.rpm
 # rpm -ihv rrdtool-devel-1.2.15-1.el4.rf.i386.rpm
 # rpm -ihv perl-rrdtool-1.2.15-1.el4.rf.i386.rpm
Gangliaのインストール
  1. Gangliaリビルド
  2. gmetadのインストール
  3. ganglia-webのインストール
 # rpmbuild --build ganglia-3.0.3-1.src.rpm
 # cd /usr/src/redhat/RPMS/i386/
 # rpm -ihv ganglia-gmetad-3.0.3-1.i386.rpm
 # rpm -ihv ganglia-debuginfo-3.0.3-1.i386.rpm
 # rpm -ihv ganglia-devel-3.0.3-1.i386.rpm
Webサーバの設定

phpの設定をする

 # vi /etc/httpd/conf/httpd.conf
 > DirectoryIndex index.php index.html index.html.var    ;index.phpの追加
 # /usr/sbin/apachectl -k restart
gmetadの設定

gmetadの設定を行う

 # vi /etc/gmetad.conf
 > data_source "VM Ware Servers" 20 172.16.10.20:8649   ;追加
 ; data_source  "クラスタ名"  "管理ポーリング間隔"  管理対象IPアドレス:8649
 
 > trusted_hosts 172.16.10.20                           ;追加
 ; trusted_hosts "信頼できる管理対象ホストのIPアドレス"
 
 > setuid_username "apache"                             ;追加
 ; setuid_username "ユーザ名"
 
 > rrd_rootdir "/var/lib/ganglia/rrds"                  ;追加
 
 # chown apache:apache /var/lib/ganglia/rrds
 # /etc/init.d/gmetad start
 # telnet localhost 8651                                ;xmlデータが取得できたらOK
gmondインストール

gmotdのインストール+設定(※今回は監視サーバにもgmondをインストールする)

 # rpm -ihv rpm -ihv ganglia-gmond-3.0.3-1.i386.rpm
 # vi /etc/gmond.conf
 # 参照:http://www.thinkit.co.jp/cert/article/0611/13/1/code4.htm
 # /etc/init.d/gmond start
 # telnet localhost 8649                                ;xmlデータが取得できたらOK
確認

webブラウザで確認を行う

 # http://172.16.10.20/ganglia/

 管理対象サーバ

gmotdインストール

gmotdのインストール + 設定

  1. 設定自体は先程と変わりなし
 # rpm -ihv rpm -ihv ganglia-gmond-3.0.3-1.i386.rpm
 # vi /etc/gmond.conf
 # 参照:http://www.thinkit.co.jp/cert/article/0611/13/1/code4.htm
 # /etc/init.d/gmond start
 # telnet localhost 8649
管理サーバgmetad設定

gmetad.confに監視対象サーバを追加設定する

  1. 初めグラフが表示されず、管理サーバ側のログを見たところ以下のログが出ていたので権限周りを修正
  2. "/var/log/messageログ"

Nov 1 07:16:56 hogefuga /usr/sbin/gmetad[2167]: Unable to mkdir(/var/lib/ganglia/rrds/unspecified/172.16.10.51): Permiss
ion denied

Nov 1 07:17:57 hogefuga gmetad: gmetad shutdown failed

 # data_source "VM Ware Servers" 25 172.16.10.51:8649    ;追加
 # cd /var/log/ganglia/rrds
 # chown -R apache.root unspecified
 # /etc/gmetad restart

どうやら"unspecified"フォルダ以下の権限もきちんと変えておいたほうが無難らしい。。。。

あとはチューニングー!!かな@

取得できてる情報

現在取得できてる情報は以下の28個

 * boottime
 * bytes_in
 * bytes_out
 * cpu_aidle
 * cpu_idle
 * cpu_nic
 * cpu_num
 * cpu_speed
 * cpu_system
 * cpu_user
 * cpu_wio
 * disk_free
 * disk_total
 * load_fifteen
 * load_five
 * load_one
 * mem_buffers
 * mem_cached
 * mem_free
 * mem_shared
 * mem_total
 * part_max_used
 * pkts_in
 * pkts_out
 * proc_run
 * proc_total
 * swap_free
 * swap_total

参考