トップ 差分 一覧 Farm ソース 検索 ヘルプ RSS ログイン

MySQL_my.cnf

MySQL_my.cnf

[MySQL]
最終更新時間:2010年03月10日 18時02分31秒

my.cnfパラメータの説明

MySQLのmy.cnfに関して書きます。逐次更新していきます。
※バージョンがバラバラな気がするので使う際は調べてからにしましょう!

 my.cnf

mysqldセクション

[mysqld]
# MySQLのデータをおくディレクトリ
datadir=/var/lib/mysql

# socket.この概念がいまいちよくわからん。
socket=/var/lib/mysql/mysql.sock

# 実行ユーザ
user=mysql

old_passwords=1

レプリケーション

<http://dev.mysql.com/doc/refman/5.1/ja/replication.html>

# レプリケーション用(マスタ):バイナリログ設定
log-bin = /var/db/repl/log-bin # 値は省略可

# レプリケーション用:サーバid設定
server-id = 1

# レプリケーション用(スレーブ):ホスト設定
master-host = master.example.com

# レプリケーション用(スレーブ):ユーザ設定
master-user = repl

# レプリケーション用(スレーブ):パスワード設定
master-password = password

# レプリケーション用(スレーブ):ポート設定
master-port = 3306

# レプリケーション用(スレーブ):リレーログ設定
relay-log = /home/mysql/relay.log

# レプリケーション用(マスタ):ログインデックス設定
log-bin-indx = /var/bd/logs/log-bin.index

# レプリケーション用(スレーブ):ログインデックス設定
relay-log-index = /var/db/logs/relay-log.index

# レプリケーション用(スレーブ):ステータスファイル設定
master-info-file = /home/mysql/master-stuff.info

# レプリケーション用(スレーブ):ステータスファイル設定
relay-log-info-file = /home/mysql/logs/relay-log.info

# レプリケーション用(マスタ):フィルタ設定。バイナリログを作るデータベースを指定
binlog-do-db=データベース名

# レプリケーション用(マスタ):フィルタ設定。バイナリログを作らないデータベースを指定
binlog-ignore-db=データベース名

# レプリケーション用(スレーブ):フィルタ設定
replicate-do-table=データベース名.テーブル名

# レプリケーション用(スレーブ):フィルタ設定
replicate-ignore-table=データベース名.テーブル名

# レプリケーション用(スレーブ):フィルタ設定。ワイルドカード(%とか)が使えるみたい。
replicate-wild-do-table=データベース名.テーブル名

# レプリケーション用(スレーブ):フィルタ設定
replicate-wild-ignore-table=データベース名.テーブル名

# レプリケーション用(スレーブ):フィルタ設定
replicate-do-db=データベース名

# レプリケーション用(スレーブ):フィルタ設定
replicate-ignore-db=データベース名

# レプリケーション用(スレーブ):フィルタ設定
replicate-rewrite-db=元のデータベース名->宛先データベース名

mysqld_safeセクション

[mysqld_safe]
log-error=/var/log/mysqld.log
pid-file=/var/run/mysqld/mysqld.pid