トップ 差分 一覧 Farm ソース 検索 ヘルプ RSS ログイン

PCハードウェア

PC全般

[Linux]
最終更新時間:2009年02月09日 22時27分08秒

部品

 PCケース

etc…

 CPU

演算処理を行うところ
最近はデュアルコアCPUという2つのコアがあるCPUが流行ってきているらしい

 電源

単位はV(ボルト)とHz(ヘルツ)で表す。
日本の標準は100Vで50/60Hzらしい。
Hzというのは周波数のことで、電流の流れにはいろいろなタイプがあり、家庭に送電されてくる電気は「交流」らしい。これは電線の中をピストンのように規則正しく行き来している。その流れは1秒間に50回または60回の速さで左右交互に変わるもの。
1秒間に何回流れの方向が変わるかを「周波数」というらしい。
ヨーロッパ系は50Hz、アメリカ系は60Hzで日本は「東日本は50Hz」「西日本は60Hz」と分かれているらしい。

 HDD

注意しなければならないのはHDDの接続方式
IDEとシリアルATAがある。
IDEは古くから使われているインターフェースでシリアルATAは新しいタイプのインターフェースらしい。

  1. IDE(ATA)
    • UltraATとか。パラレル転送方式(幅がでかく133MB/秒以上の速度をだすのが困難)
  2. シリアルATA
    • シリアル転送方式(幅も小さく最大300MB/秒のものもある)