トップ 差分 一覧 Farm ソース 検索 ヘルプ RSS ログイン

Subversion

SVN

[OSS]
最終更新時間:2011年08月31日 18時45分00秒

SVNとは

バージョン管理を行うアプリ

リポジトリとは

  • 情報をためるためのディレクトリ
  • svnではリポジトリの場所はURLによって表現される。

チェックアウト

  • リポジトリに登録されたファイルをダウンロードしてくること

コミットとは

  • 作業結果をリポジトリに登録すること

設定ファイル

  • /etc/httpd/conf.d/subversion.conf

雰囲気

  • リポジトリを作るサーバとデータを作成するクライアントでデータをやり取りする

サーバ側の設定

 # yum install subversion
 # yum install mod_dav_svn

クライアント側の設定

 # yum install subversion

svnコマンド

 ○オプション
   add                   :新しいファイルをバージョンコントロール対象に追加する
   checkout(co)          :指定したUELにあるリポジトリの内容を作業ディレクトリにチェックアウトする。リポジトリからローカルにファイルを落としてくるもの
   cleanup [TARGETS]     :指定したターゲットについて、作業用コピーのクリーンアップやロックの除去、そのほか終了していない操作などの後始末を再帰的に実行する。
   commit(ci)            :作業ディレクトリの変更内容をリポジトリにコミットする。
   copy [SRC] [DST]      :SRCからDSTへリソースをコピーする。SRCとDSTには、URLあるいはローカルのWC(ワーキングコピー)を指定可能
   delete [TARGETS]      :指定したファイルやディレクトリをバージョンコントロール対象から外す
   diff [TARGETS]        :TARGETSについて、ローカルファイルの変更点をdiff形式で出力する。
   help [SUBCOMMSND1]    :ヘルプメッセージを表示する。
   import [REPOS_URL]    :指定したファイルもしくはディレクトリツリーをリポジトリにインポートする。
   info [PATH]           :PATHで指定したWCに関する関する情報を表示する。
   log                   :URLやPATHで指定したリソールの履歴を見る
   merge [PATH1] [PATH2] :PATH1とPATH2の差分をカレントディレクトリのWCに反映する。
   

よく使うコマンド

 変更確認

リポジトリにある最新のリビジョンとローカルディレクトリ/ローカルファイルの差分

 # svn diff -r head [ディレクトリ|ファイル]
 # svn st -u

参考資料