トップ 差分 一覧 Farm ソース 検索 ヘルプ RSS ログイン

ZABBIX

ZABBIX

[監視]
最終更新時間:2010年05月31日 17時48分20秒

ZABBIXとは

サーバー、ネットワーク、アプリケーションを監視するためのソフトウェア。

インストール

 必要環境

■zabbix
○zabbixとは
監視アプリケーション
web画面から設定を行うことができ、シンプルで大規模にも対応できることが特徴

○サーバインストール方法
必要要件:32Mb以上の物理メモリと20MB以上のディスク容量

         Apache 1.3.12以降
  MySQL3.22以降
  PHP 4.0以降 及び対応したApache PHPモジュール

[手順]
1.tarボールのダウンロード

# cd /usr/local/src
# wget http://prdownloads.sourceforge.net/zabbix/zabbix-1.8.1.tar.gz

2.インストール

# tar xvfz zabbix-1.8.1.tar.gz
# cd zabbix-1.8.1
# ./configure --enable-server --with-mysql --with-net-snmp
# make
# make install

3.ユーザ作成

# groupadd zabbix
# useradd -g zabbix -s /sbin/nologin zabbix

4.MySQLの設定

# mysql -u root -p
> create database zabbix;
> grant all privileges on zabbix.* to zabbix@localhost identified by 'zabbix';
> flush privileges;
> quit

5.データインポート

# cd create/schema
# cat mysql.sql | mysql -u zabbix -p zabbix
> パスワード
# cd ../data
# cat data.sql | mysql -u zabbix -p zabbix
> パスワード
# cat images_mysql.sql | mysql -u zabbix -p zabbix
> パスワード

6.設定ファイルの設置と設定

# cd /usr/local/src/zabbix-1.8.1
# mkdir /etc/zabbix
# cp misc/conf/zabix_server.conf /etc/zabbix/
# vi /etc/zabbix/zabbix_server.conf
  LogFile=/var/log/zabbix/zabbix_server.log
  PidFile=/var/run/zabbix/zabbix_server.pid
  DBName=zabbix
  DBUser=zabbix
  DBPassword=zabbix

# mkdir /var/log/zabbix
# mkdir /var/run/zabbix
# chown zabbix:zabbix /var/run/zabbix
# chown zabbix:zabbix /var/log/zabbix

7.起動ファイルの設置と設定

# cp misc/init.d/fedora/core/zabbix_server /etc/init.d/
# vi /etc/init.d/zabbix_server
 [root@vms-0 core]# diff -u /etc/init.d/zabbix_server zabbix_server 
 --- /etc/init.d/zabbix_server   2010-03-31 19:43:32.000000000 +0900
 +++ zabbix_server       2010-03-30 02:22:44.000000000 +0900
 @@ -16,19 +16,16 @@
  # Edit these to match your system settings
  
         # Zabbix-Directory
 -       #BASEDIR=/opt/zabbix
 -       BASEDIR=/usr/local
 +       BASEDIR=/opt/zabbix
  
         # Binary File
         BINARY_NAME=zabbix_server
  
         # Full Binary File Call
 -       #FULLPATH=$BASEDIR/bin/$BINARY_NAME
 -       FULLPATH=$BASEDIR/sbin/$BINARY_NAME
 +       FULLPATH=$BASEDIR/bin/$BINARY_NAME
  
         # PID file
 -       #PIDFILE=/var/tmp/$BINARY_NAME.pid
 -       PIDFILE=/var/run/zabbix/$BINARY_NAME.pid
 +       PIDFILE=/var/tmp/$BINARY_NAME.pid
   

8.起動

# /etc/init.d/zabbix_server start

9.webの設定

# cd /usr/local/src/zabbix-1.8.1
# mkdir /var/www/html/zabbix
# cp -a frontend/php/* /var/www/html/zabbix/
# chown -R root:root /var/www/html/zabbix
# vim /var/www/html/zabbix/include/db.inc.php
 $DB_TYPE	=”MYSQL”;
 $DB_SERVER	=”localhost”;
 $DB_DATABASE	=”zabbix”;j
 $DB_USER	=”zabbix”;
 $DB_PASSWORD	=”<パスワード>”;

-----後日書く----
○エージェントのインストール
[手順]
1.インストール

# cd /usr/local/src/zabbix-1.8.1
# ./configure --enable-agent
# make
# make install

2.ユーザ作成

# groupadd zabbix
# useradd -g zabbix -s /sbin/nologin zabbix

※サーバとエージェントを同一サーバにインストールする場合は不要

3.

参考

<http://www.zabbix.jp/modules/main0/index.php?id=1>
<http://www.thinkit.co.jp/free/article/0611/19/1/>