トップ 差分 一覧 Farm ソース 検索 ヘルプ RSS ログイン

keepalived

keepalived

[OSS]
最終更新時間:2009年02月10日 01時07分32秒

概要

keepalivedとはLVS と組み合わせて使う、ロードバランサの冗長性確保用デーモン。

by はてなキーワード

 keepalivedでできること

  1. サーバのヘルスチェック
  2. VRRPを使っての共有IP設定

インストール

 環境

  • CentOS5.2 x 2
    • MASTER
      • IP:172.16.10.31
    • SLAVE
      • IP:172.16.10.32

 手順

rpmパッケージを作成しインストールを行う。

  • tarボールダウンロード
 # wget http://www.keepalived.org/software/keepalived-1.1.15.tar.gz
  • tarボール解凍
 # tar xvfz keepalived-1.1.15.tar.gz
  • opensslのインストール

opensslが必要ならしく、yumでインストール

 # yum -y install openssl-devel

※これで必要なものは入るっぽい

  • configureの実行
 # cd keepalived-1.1.15
 # ./configure
  • rpm作成

configureが完了すると、keepalived.specというファイルが作成されているので,これを使用してrpmを作成する

 # cp ../keepalived-1.1.15.tar.gz /usr/src/redhat/SOURCES/
 # rpmbuild -ba ./keepalived.spec
  • インストール
 # cd /usr/src/redhat/RPMS/i386
 # rpm -ihv keepalived-1.1.15-5.i386.rpm keepalived-debuginfo-1.1.15-5.i386.rpm 

※2台目も同様にインストール

vrrp

とりあえずvrrp機能を使ってみた
設定ファイルは/etc/keepalived/keepalived.conf

 設定ファイル編集

  • MASTER
 global_defs {
   notification_email {
     hoge@kichon.net
   }
   notification_email_from master@kichon.net
   smtp_server 172.16.10.1
   smtp_connect_timeout 30
   router_id LVS_DEVEL
 }
 
 vrrp_instance VI_1 {
   state BACKUP
   interface eth0
   virtual_router_id 51
   priority 150
   advert_int 1
   authentication {
     auth_type PASS
     auth_pass 1111
   }
   virtual_ipaddress {
     172.16.10.30/24
   }
 }
  • SLAVE
 global_defs {
   notification_email {
     hoge@kichon.net
   }
   notification_email_from slave@kichon.net
   smtp_server 172.16.10.1
   smtp_connect_timeout 30
   router_id LVS_DEVEL
 }
 
 vrrp_instance VI_1 {
   state BACKUP
   interface eth0
   virtual_router_id 51
   priority 100
   advert_int 1
   authentication {
     auth_type PASS
     auth_pass 1111
   }
   virtual_ipaddress {
     172.16.10.30/24
   }
 }

 確認

以下のコマンドで確認をする

 # ip addr show

また、/var/log/messageにもログが出力されるのでそこも参考にするとよい。

 設定項目解説

また、今度!

感想

共有IPはさっくりできたー。
ただ、vrrpだけ使うとやっぱり物足りない。。。。

ロードバランサを冗長化するために使うことが主なため、active/backup構成の2台でサービス監視をしてという冗長をしようとするときはheartbeatの方がいろいろとできるかなと。

keepalived + Nagiosとかの組み合わせで面白いものができそうだね!!

参考

<http://viz.is-a-geek.com/~viz/cw/index.php?LVS>